【基礎文法】肯定文、疑問文、否定文

肯定文のつくり方(タイ語の基本文型)

タイ語の主語述語の関係は次の通りです。

เป็น B A は B です。
「私は日本人です。」「私はタイ人です。」をタイ語で言うとこうなります。
ผมเป็นคนญี่ปุ่นครับ 私は日本人です。
ฉันเป็นคนไทยค่ะ 私はタイ人です。
述語に形容詞がくるとเป็นは使いません。
例えば、「あなたは綺麗です。」をタイ語で言うと、
คุณสวยครับ
となります。

文末に出てくるครับ/ ค่ะは、丁寧な表現です。ครับは男性が用い、ค่ะは女性が用います。

疑問文のつくり方

疑問文をつくるには、文末に、หรือをつけます。
例文を見てみましょう。
คุณเป็นคนญิ่ปุ่นหรือคะ あなたは日本人ですか。
ครับ / ค่ะ はい。
ไม่ใช่ 違います。

否定文のつくり方

「~ではない。」という表現は、次のようになります。

ไม่ใช่ B A は B でない。
となります。例えば、
ผมไม่ใช่คนไทยครับ 私はタイ人ではありません。
となります。

名前を聞く、名前を言う

名前を聞いたり、名前を言ったりするには、以下の文字を使います。

อะไร 何?[疑問詞]
ชื่อ 名前、〜と申します
คุณชื่ออะไรครับ あなたのお名前は何ですか。
ดิฉันชื่อปิยวรรนค่ะ 私は、ピヤワンと申します。

タイ語の初級レッスン↓