【基本】タイ語ってどんな言葉?

タイ語は言語学的には?

タイ語は言語学的には、タイ語は中国語や、ベトナム語、チベット語などと同じ、孤立語と呼ばれるグループに属します。この孤立語の特徴としては、一般的に声調があることです。

タイ語の声調は難解なのは有名ですよね?

しかし文法は、無いに等しく、勉強しなくてもOKです。

なぜなら、屈折語のように、動詞の活用、名詞の性別、複数形など全くなく、また膠着語、日本語のように単語は常に独立しているので、例えば、「話す」と「ない」がくっついて、「話ない」のように形が変わることが無く、「話すない」となります。

つまり発音をマスターし、単語を覚えてしまえば簡単にマスターできます。文字はインド系の文字でクメール語の文字を手本に作られたと言われており、見慣れない形をしているので覚えるのが大変です。

タイ語の文字

基本的に、文字は子音と母音に分かれています。子音は全部で44、母音ははっきりとした数は、無いです。「ee」の発音記号と「aa」の発音記号がくっついたものが、「aw」という発音になると言った風に、組み合わせによって、作られます。

タイ語の文字を学べます↓

タイ語の発音 

母音の発音は基本的に9種類あります。子音は21種類です。

日本語には無い発音があり例えば「ng」の音があります。何回か練習すれば発音できると思います。

タイ語スピーキングの本↓